絵本大好きママの子育て日記

はじめまして! 2歳児男子を持つ子育て真っ最中です! 元に図書館司書の経験を生かし、オススメ絵本や読み聞かせの極意などなども更新していきます!

クリスマス前にオススメの絵本part2

こんにちは!
今日は前回の続きです✨

ちょっとした謎解き絵本としてもオススメなのが
たんのゆきこ作 垂石眞子絵の『サンタさんからきたてがみ』です✨
ねずみのゆうびんやさんが、配達の途中に転んでしまって手紙の宛名が消えてしまいます?
手紙の送り主はなんとサンタさん!
誰に来た手紙なのか、宛名のイラストを頼りに色んなどうぶつたちが名乗りをあげるのですが・・・
丁寧で優しい絵と宛名の人物を探す楽しさ、親子で会話しながら読める1冊だと思います(*^^*)
対象年齢は3歳からとなっていますが、ぐりとぐらなどのある程度文章のある絵本が好きなお子さまなら、2歳くらいからでも楽しめると思います✨

次は
芭蕉みどりさんの『ふゆのよるのおくりもの』です✨
こちらは双子のこねずみのティモシーとサラが主人公のシリーズ物で、今でも新作が発売されている人気シリーズの1冊です!
細部にまでこだわった素敵な絵と会話表現が多いためとても読みやすくあたたかい文章が魅力の絵本です✨
こちらシリーズの多くが『家族』や『友達』をテーマにしていて、等身大の子どもティモシーとサラが子ども目線で感じたことや経験したことをわかりやすい文章とイラストで書いてくださっているので、幼稚園前後の子どもにオススメの1冊です☺
他にも『おたんじょうびのおくりもの』や『ティモシーとサラのピクニック』などたくさんのシリーズがありますので、きっとお気に入りの一冊が見つかると思います✨

最後は
黒井健さんの『あのね、サンタの国ではね・・・』です!

この絵本はサンタさんの12ヶ月がテーマになっていて、1月・2月・3月・・・と毎月サンタさんが12月のクリスマスに向けてしていることが優しい絵と共に描かれています✨
クリスマスにしかあまり目立たないサンタさんの日常をおっているので、普通のクリスマス絵本とは一風変わった絵本で楽しめると思います(*^^*)
また1月や2月といった季節感を感じながら読むことができ、January Februaryと月の英語表記もあるので知育絵本としてもオススメですし、この絵本をきっかけに季節の行事や英語に目を向けてみることもできると思います✨

昨日と今日で6冊の絵本を紹介させていただきましたが、書店に行くとクリスマスフェアなどをしていてもっと多くの絵本に出会うことができると思います✨
ぜひお子さまとお気に入りの一冊を見つけて、クリスマスをもっと楽しんでいただければと思います✨